精力剤の種類と選び方

最近はコンビニ・ドラッグストアーなどで手軽に精力剤を購入する事が出来ます。
いざ、買おうとした時に種類の多さに戸惑う方もいるのではないでしょうか。
一言に精力剤といっても効果はそれぞれ異なります。
あなた症状に合った精力剤を飲んで、効果を実感して下さい。

【精力剤の種類】
精力剤は、性機能に関係する要素から主の3つの種類に分類する事が出来ます。
1.強精剤   2.強壮剤   3.勃起剤

1.強精剤

男性ホルモンを直接、体内に取り込みます。
精力(性欲)の改善や勃起力の改善、勃起の維持力向上を目的として摂取します。
体内でも男性ホルモンは分泌されていますが。20才を境に体内で分泌される男性ホルモンは緩やかに減少していきます。
減少した男性ホルモンを直接補う事が出来る精力剤なので、高い効果を期待する事が出来ます。
ですが、効果が高い分長期間摂取すると副作用の心配をしなければいけないので強精剤を摂取する時には注意が必要です。

2.強壮剤

強壮剤は健康食品にカテゴライズされます。
新陳代謝機能の回復、栄誉状態の改善、強精、疲労回復など精力だけでなく総合的な活力向上を促します。
間接的に精力向上を促すのですが、強壮剤には“亜鉛”、“タウリン”等、精力と深いかかわりのある成分も多く含んでいます。即効性の期待は薄いのですが、強精剤のような副作用の心配がありません。
(過剰摂取や、体質による体調不良などの可能性はあります。)
長期的な改善になりますが、安心して、体質改善に取り組んでいく事が出来ます。

3.勃起剤

勃起剤は医薬品に分類されていて、即効性が強く効果を実感してもらいやすい精力剤です。
使用する際に気を付けて頂きたいのは『勃起剤は勃起しやすくする』精力剤なので性的興奮をしなければ、そもそも勃起する事はありません。性的興奮を与える事は出来ないので注意が必要です。
性交を行う3~4時間前に勃起剤を摂取し、効果はおおよそ4時間程、持続します。
ですが、医薬品なので医師による診察を受け、体調・併用しているサプリメント等も考慮して服用しなければいけません。使用方法や用法・用量を間違えると重大な副作用を引き起こす可能性もあります。

勃起薬は作用が強く劇薬として扱われていますので、購入には注意が必要になります。そのため、まずは強精剤や強壮剤を試してから、それでも駄目なら勃起薬に進むといいでしょう。ヨヒンビンという成分が配合された勃起薬があり、EDの治療に効果が高いと言われています。

出典:ヴォルスタービヨンドの本気の口コミ・効果・評判

インターネット等で勃起剤を個人輸入している方もいますが非常に危険です。絶対にやめて下さい。このように、精力剤は大まかに3種類に分ける事が出来ます。
改善したい症状に合わせて精力剤を摂取しなければ効果を実感する事が出来ません。あなたの症状に合わせた精力剤で、精力剤の効果を実感して下さい。

ウナギと違って栄養バランスや価格のメリットがある精力剤

頑張りたい時には、食事は1つのポイントになります。摂取する食事次第で、力がみなぎってくる事は確かにあるのです。
よく体力作りを頑張っている方々は、プロテインなどを摂取している事はあるでしょう。プロテインはタンパク質でできている訳ですが、体力作りの重要な栄養分にはなります。ですから体力を高めたいと望むなら、プロテインを摂取してみるのも有効なのです。
ところでいざという時に力を発揮する為には、精力剤という選択肢があります。それは食材などと比べれば、労力が小さく済むメリットがあるのです。栄養分などを考慮しても、精力剤の方が安全度が高いと評価される事もあります。
例えば、体力作りの為にうなぎなどの食材を検討してみるのも一法です。確かにうなぎの中には、精力を高めてくれる成分が含まれているでしょう。ですから体力を高めたいと望むなら、うなぎを積極的に摂取するという手段もあるのです。
しかし、問題は値段です。うなぎの値段は、そこまで安い物ではありません。確かに夏場の特別な日などに摂取する分には、ウナギも悪くないでしょう。しかし毎日それを摂取するのは、明らかに大変なのです。
市販のウナギ製品は、600円や700円など大きな数字になります。ウナギによっては、2,000円を超える事さえあるのです。さすがにそこまでの値段ですと、毎日食べるのは大変です。
またウナギばかり食べてしまいますと、栄養の偏りもあり得るでしょう。もちろん偏食などは、あまり体には良くありません。
ところが精力剤の場合は、問題無い事が多いのです。そもそも通販で購入できる精力剤の値段を見てみれば、それは明らかです。うなぎのように、精力剤1本が700円を超えるような製品は、あまり多くありません。精力剤になっても異なりますが、一粒が200円や300円くらいの製品も多いです。
それと、偏食を回避できるメリットもあります。精力剤を摂取しながらも、普段の食生活はそのまま継続できます。ですから普段から栄養バランスが良い食材を摂取しながらも、精力剤を服用するやり方も可能なのです。
うなぎだけを毎日食べていけば、どう考えても栄養分に偏りが生じてしまうでしょう。しかし精力剤を普段の食事に併用するやり方でしたら、明らかに偏食にもなりづらい訳です。
栄養分の偏りが生じてしまえば、かえって精力が落ちてしまう可能性もあります。それを考慮すると、うなぎなどの食材というより、むしろ精力剤が推奨されるでしょう。

果たしてマカと精力剤はどのように異なるのか

精力剤は、いざという局面で元気を出したい時に使用される傾向があります。普段から精力的に頑張りたいと考えている方々は、それを服用している事も多いです。
ただ精力剤は、たまに他の物と誤解される事もあります。例えば、マカという植物です。
最近は薬店でも、マカを含んでいる製品が多く販売されています。特にサプリメントが陳列されている場所にて、それが並べられている事も多いです。
それだけに、マカは精力剤と混同される事も多いのです。確かに精力剤に対して、マカが含有されている事はあります。しかしその2つは、基本的には別の物と考えておく方が良いでしょう。
まずマカというのは、どちらかといえば体力作りのような目的で活用される傾向があります。そもそもいざという時に元気が出るか否かも、普段からの栄養補給に左右される一面はあるでしょう。普段から体力作りや栄養補給をしておかないと、なかなか頑張れない事はあります。
体力作りの為には、やはり普段からコツコツと栄養補給しておく必要はあるのです。その手段の1つとして、マカが服用されることが多いです。
ですからマカの場合は、長期的に服用されるケースが目立ちます。1日や2日などの短期間ではなく、それなりに長期間に渡る事が多いのです。数ヶ月などの長期間で、コツコツ体力作りをしていく為の栄養補給剤のようなイメージになります。ある意味、食品に近い一面もあるでしょう。
それに対して精力剤というのは、もっと短期的な効果を発揮してくれるタイプになります。例えば頑張りたい当日に、精力剤が服用される事は多いです。1週間後や1ヶ月後などの長期的展望ではなく、どちらかといえば当日に効果を発揮する事を期待して、それが服用される事例が目立ちます。
現に精力剤は、当日中に効果は発揮されるのです。服用してから数十分も経過しますと、体がだんだん変わってくる事もあります。
ちなみに精力剤に対して、マカが使われている事自体はあります。ただそれも、他の成分をサポートする目的で使われているケースが目立ちます。マカは、精力剤の材料の1つに過ぎません。
ですからマカと精力剤というものは、基本的には別の物と考えておく方が良いでしょう。普段からコツコツと力を蓄えたい時はマカが良く、いざという時に爆発力を発揮したい時には、精力剤が推奨されます。即効性という観点では、マカよりは精力剤がおすすめではあります。

精力剤の販売会社はよく調べてから購入

経口摂取する製品を検討する時には、とかく安全性が気になるものです。果たして服用して大丈夫かどうかという問題があるからです。
確かに経口摂取する物の中には、若干リスクが高めな物はあります。痛み止めなどの薬剤は、注意を要するでしょう。あれを大量に服用するのは、明らかに身体には良くありません。もちろん薬剤に限らず、食品なども気をつける必要はあります。食中毒も注意が必要です。
ところで精力剤というのは、基本的には経口摂取をする事にはなります。ゼリータイプや錠剤タイプなど複数種類はありますが、いずれも口から服用する事になるのです。
ただ精力剤を購入する時にも、やはり安全性には気をつける必要はあるでしょう。一応、万が一の事態も考えられるからです。あまり良くない精力剤を服用して、体調不良になってしまったという事態だけは、何とか避けたいものです。
そして、避けることは可能なのです。例えば、購入する場所には注意を要するでしょう。
そもそも精力剤は、個人で海外から購入する事もできます。いわゆる個人輸入などの代行業者を活用し、海外から取り寄せている方々も多いです。確かに個人輸入でしたら、海外から安く購入する事はできます。
それと、オークションなどの手段もあるのです。安く落札できる可能性も、一応あるでしょう。
しかし上記のような手段で精力剤を購入してしまいますと、リスクも少々高めになってきます。特に個人輸入などは、自己責任になるリスクはあるのです。誰か医師が責任を取ってくれる訳でもなく、あくまでも個人の責任になってしまいますから、注意が必要です。もちろんオークションも同様です。
また上記のような通販の手段に限らず、実店舗で精力剤を購入する時も、同じ事は言えます。もちろん中には優秀な実店舗もあるのですが、たまに問題があるお店も存在しますから、注意が必要です。
ちなみに精力剤は、医療機関から処方してもらう事も一応可能です。もちろん処方せんなどを提示する事にはなりますが、少なくとも医師が監修しているという観点から、上記の手段よりは安全度は高いでしょう。ですから精力剤に安全性を求めるなら、医療機関が一番無難ではあります。
いずれにしても精力剤を購入するなら、販売元は注意が必要です。果たして良いお店が販売しているのかどうかは、事前に下調べを行っておく方が良いでしょう。販売業者の公式サイトを見て、会社概要なども確認しておきたいものです。

精力をアップするカイメンの主成分はミドリムシ

ミドリムシといえば理科の授業で必ず取り扱われる生き物で広く知られています。そんなミドリムシは精力剤にも含まれて、精力アップに有効です。ここでは主成分をミドリムシにするカイメンと呼ばれる精力剤について知りましょう。

ミドリムシはたくさんの栄養を含んでいる

ミドリムシは栄養素がたくさん含まれています。その栄養素は59種類にもなりミドリムシを摂取すれば他の物は必要無いと言われるほどに完全栄養食です。またミドリムシの注目するべき特徴として、細胞壁を持たない事が挙げられます。

植物に含まれている栄養素の場合は細胞壁で保護されている事から、細胞壁の中にある栄養を取るためには、料理するなどして細胞壁を取り壊す必要があります。しかし、ミドリムシは細胞壁を持っていない事から、たくさんの栄養素を直接的に吸収する事ができます。

ミドリムシにはビタミンB1,ビタミンC、ビタミンEが入っていますがこれらは、体力回復に有効です。またビタミンC、ビタミンE、各種のミネラルは血の巡りを良くします。これらは精力を上げる上で役に立ちます。

ミドリムシの他の精力アップ成分

カイメンに含まれている成分は他にも精力アップに役立つものがあります。それはマカやランペップ、亜鉛などです。精力剤にはお馴染みの成分ですが、カイメンにも入っています。

またクラチャイダムも含まれています。これらの成分の効果もプラスされて精力が付きます。

副作用は心配いらない

カメインは精力剤ですが、薬ではなくてサプリです。ですから食品に分類されます。したがって基本的には副作用は心配はないです。しかし、必要以上に摂取するようでは体に異変が起きてもおかしくありません。

製造過程も安心

カイメンはGMP認定を受けている工場で造られています。したがって安心してサプリを使う事ができます。

いきなり効果があるわけではない

カイメンに限りませんがサプリ系の精力剤は即効性は期待できません。即効性を期待するのならバイアグラなどがいいでしょう。カイメンの場合は継続的に飲む事で少しずつ体質を変えていきます。

それにより精力を付けていく事が目的です。したがって最低でも3か月程度は使用してみましょう。それでも効果がないのなら他の商品を検討するのもいいでしょう。それからペニスを大きくする成分もカイメンには含まれません。

精力減退で男性器も委縮しているのなら、カメインで精力を付けて、いざ営みの時にその力を発揮しましょう。